株式会社豊田自動織機
HOME > PHV・EV 普通充電スタンド EVC2 > 施工について

充電スタンドEVC2

施工前確認事項

詳細は施工説明書をご参照ください。 単位 [mm]
設置スペースの確認

設置時および保守・点検時は本製品の右側扉を開いて作業を行います。 作業が行えるよう下図のスペースを確保してください。 各部の寸法は「仕様」(P.10)を参照してください。

設置スペースの確認

電波環境の確認

本製品は携帯電話通信ネットワークを利用した通信機能を搭載しております。 「電波環境の確認」の実施方法につきましてはお問合わせ先までご連絡ください。
※「電波環境確認」を実施しなかった場合、 電波状況によっては、本製品が使用できない場合があります。

手順1充電スタンド外の確認

給電元ブレーカが OFF になっていること、給電用電線に電圧が印加していないことを確認してください。

手順2充電スタンド内の確認

・本製品右側面にある本体ハンドルに付属の鍵を差込み開錠します。「PUSH」部分を押すとハンドルがポップアップします。 ハンドルを反時計周りに 90°回し、ハンドルを持ってメンテナンスドアを開けてください。(図 1 参照)

図1/充電スタンド内の確認

・給電元ブレーカ、本製品内部のメインスイッチが OFFになっていることを確認してください。(図 2参照)

図2/充電スタンド内の確認
手順3アンカーボルトの設置

下図の位置に M12 のアンカーボルトを4ヵ所設置してください。

図3/アンカーボルトの設置
図4/アンカーボルトの設置
手順4充電スタンドの固定
本製品内部底面の下面開口プレート(M4 ねじ ×2 本)を取外すと内部より基台アンカー穴位置を確認できます。
図5/充電スタンドの固定

本製品をアンカーボルトに据付け、M12 ナット、バネ座金、角座金(付属品)で固定してください。基台中央部付近の電線引込範囲(入線位置)をご確認ください。(図 4 参照)

図6/充電スタンドの固定
手順5充電スタンドに給電用電線・通信用ケーブルを引込む

● 地中配線の場合

給電用電線を本製品の底面から引込み、本体の入線用端子台取付位置まで届く長さ(約 0.5m)以上を引出してください。

図7/電線・ケーブルを引込む

● 露出配管からの配線の場合

基台の側面または背面に穴をあけて配線を行う場合は、下記範囲内においてφ28 以下の穴を 1 ヵ所としてください。 給電用電線を側面または背面配線穴から引込み、本体の入線用端子台取付位置まで届く長さ以上を引出してください。

図8/電線・ケーブルを引込む
手順6給電用電線・通信用ケーブルの接続

入線用端子台のカバーを外し、単相 AC200V 用電源線および接地線を入線用端子台に接続してください。

図9/電線・ケーブルの接続
手順7確認

・給電用電線、通信用ケーブルが正しく結線されているか、電線に無理な力が加わっていないかを確認してください。
・アンカーボルト、端子部、コネクタ接続部のねじ、コネクタの緩みがないかを確認してください。
・入線用端子台カバーを戻してください。

手順8下面開口プレートの取付け

配線後は下面開口プレート(M4 ねじ ×2 本)を元に戻してください。

図10/下面開口プレートの取付け
手順9電源投入

給電元ブレーカを ON にしてから、本製品のメインスイッチを ON にしてください。システムが起動します。

図11/電源投入
手順10本体施錠

メンテナンスドアを閉じ、本体ハンドルを付属の本体ハンドル用鍵で施錠してください。

図12/本体施錠
手順11設置確認

本書のとおりに施工されているか施工状態に異常がないか確認してください。

手順12設置完了

以上で設置完了です。取扱説明書と施工説明書を施主様へお渡しください。

製品仕様
EVC2製品仕様
項目 仕 様
入力 電圧 単相AC200V±10%(対地電圧100V)
連続使用定格電流 16A
周波数 50/60Hz
出力 電力 3.2kW
寸法 高さ 1550mm
260mm(ケーブルフック部含む)
奥行 363mm
充電ケーブル長さ 約7m
質量 約45kg
環境 保護性能 IP55(コネクタ収納部は除く)
設置環境 屋内および屋外
温度 −25℃から+40℃(氷結なきこと)
充電スタンドEVC2施工説明書施工の前に必ず施工説明書とその他の注意書きを全て熟読し正しくご使用ください。
充電スタンド EVC2施工説明書」(PDF:1.5 MB)

Adobe Reader ダウンロード

製品に関するお問い合わせ、購入のご相談につきましては
下記へ直接ご連絡ください。

メールでのお問い合わせ

◆充電スタンドの運用について
◆保守について
◆外部機器との連動について
◆会員サービスについて
◆課金について
◆工事調査について



充電スタンド EVC2
製品に関するお問い合わせ、購入のご相談につきましては下記へ直接ご連絡ください。
充電スタンドの運用、保守、外部機器との連動、会員サービス、課金、工事・検査について
メールでのお問い合わせ
電話でのお問い合わせ:エレクトロニクス事業部、事業企画部、営業室
株式会社 豊田自動織機
充電スタンド EVC2

ページのトップへ